top_email.jpg 一般シーケンス / premix / その他 NGS / BI



トランスジェニックマウス

ヒトゲノムマップの完成により、いくつかの遺伝子の機能が明らかにされていますが、ほとんどの遺伝子に関しては、未だ未知のままとなっております。将来のバイオテクノロジーにおける目標は未知の遺伝子機能を明らかにすることと言えます。

マウスの確立された実験工程や、ヒトゲノムとの類似性から、TGマウスはin vitroでの遺伝子機能研究や疾患モデルとして用いられ、医学分野の発展に大いに貢献しています。ま た、機能的なゲノム研究において中枢を担うであろう重要なツールとなっています。


作製工程

工程 製作期間
発現ベクター
構築
お客様提供
発現ベクター
精製
1週間
マイクロインジェクション 1週間
ファウンダーマウス
同定
1週間
発送
1週間

  • DNA は plasmid DNA で 20 ug 以上ご用意ください。
  • Vector backbone と挿入遺伝子の配列およびマップなどの情報も併せてお送りください。
  • 遺伝子の挿入有無を確認するため、PCR スクリーニング用のプライマーをご提供ください。


HOME | 会社紹介 | 受託サービス | お問い合わせ | サイトポリシー | プライバシーポリシー | マイページ | 管理者ログイン
本社・ゲノムセンター 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町36-1
        京都大学国際科学イノベーション棟3F

TEL 075-746-2773 ㈹   FAX  075-746-2775
東京営業所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂811号室
TEL 03-5784-4350 ㈹   FAX 03-5784-4351
MACROGEN   USA
MACROGEN   KOREA
MACROGEN   EUROPE
Copyright 2006-2017 (C) Macrogen Japan Corp. All rights reserved