top_email.jpg 一般シーケンス / premix / その他 NGS / BI



Epigenome Sequencing

遺伝子の転写過程における後成的な調節メカニズムは、DNA メチル化やヒストン修飾が最もよく知られており、 そのメカニズムは NGS を利用することで、より効果的に解析できます。


  • Methylation
    Bisulfite conversion: whole genome, target
  • MBD (methyl-CpG binding domain)
  • Histone Modification
    ChIP (Chromatin Immuno Precipitation)


HOME | 会社紹介 | 受託サービス | お問い合わせ | サイトポリシー | プライバシーポリシー | マイページ | 管理者ログイン
本社・ゲノムセンター 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町36-1
        京都大学国際科学イノベーション棟3F

TEL 075-746-2773 ㈹   FAX  075-746-2775
東京営業所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂811号室
TEL 03-5784-4350 ㈹   FAX 03-5784-4351
MACROGEN   USA
MACROGEN   KOREA
MACROGEN   EUROPE
Copyright 2006-2017 (C) Macrogen Japan Corp. All rights reserved